本文へスキップ

当サイトは、主にフロイトの翻訳正誤表を作成しつつ精神分析・精神医学を検討しています。

hp フロイト郵便

since 1999

 

岩波版フロイト全集17巻 翻訳正誤表

  • 『快原理の彼岸』

    岩波版p90−91

    「欲動の歴史的被制約性を確証するように思われる事例も動物の生活の中にすぐさま目につく。ある種の魚が産卵期に困難な渡りを企て、常日頃の居住地からはるか離れた河や湖で産卵をする場合、魚たちは、多くの生物学者の理解では、時の経過につれて換えられてきた祖先の生息地を訪れているに過ぎない。同じことは渡り鳥の飛翔にも当てはまるが、遺伝現象や胎生学の事実の中に有機体の反復強迫のりっぱな事例があることを知れば、さらなる事例を探す必要はなくなろう。おわかりのように、生きた動物の胚は、発達してゆくにつれて、その動物の由来のもととなっているあらゆる形質の構造を −短縮されてほんのつかの間のことであるにせよ− 繰り返さざるをえないのであり、最短距離で確定形態へと到ることはできない。動物のこうした振る舞いについて、機械的に説明できるのはほんの一部分のことにすぎず、歴史的な説明を抜きにすることはできない。そして、ある器官が失われたとしても、それとまったく同じような器官を新たに形成して補填するという再生能力は、かなり高等な動物にまで及んでいる。」(岩波版p90−91、下線は引用者)

    「形質」という訳語は意味からして文脈にそぐわない気がします。原語を調べると「Form」ですが、ここは、「(より下等な生物の)諸形式」といった感じで、哺乳類からみた魚類とか両生類を指すでしょう。それらの「構造」を繰り返す、と取れば意味が通りますので、訳も「形質」ではなく「形式」でいいでしょう。ちなみに「形質」で和独を引くと、「Eigenschaft」とか「Charakteristikum」が出てきます。 

  • 『女性同性愛の一事例の心的成因について』

    岩波版p249

    「・・・それ以前、彼女のリビードは母性に向けられていたのだが、これ以後、彼女は自分より成熟した女性に恋着する同性愛者になり、以来そのままであり続けている。」(岩波版p249、下線は引用者)

     「リビードは母性に向けられていた」という部分は、母性を性的志向の対象としていた、という意味に読めてしまいます。ここは原文では「auf Muetterlichkeit eingestellt gewesen sein」ですが、この「auf...eingestellt sein」を辞書で引くと、「・・・に対する(心の)準備ができている」という意味のようです。すなわち上の引用箇所はむしろ以下のように読むべきでしょう。

     「・・・それ以前、彼女のリビードは母性という態度をとる準備ができていたのだが、これ以後、彼女は自分より成熟した女性に恋着する同性愛者になり、以来そのままであり続けている。」(代案)

     これはすぐ前の段落、「当時彼女は、自らも母になりたい、子供を持ちたいという強い欲望にとらわれていたのだ」という部分と突き合わせてみても整合的に思えます。彼女は、16歳頃に母親が妊娠するまでは、むしろ自ら母になるべき準備状態にあったのでした。

  • 『集団心理学と自我分析』

    岩波版139頁

    『・・・[夢を物語る際の]懐疑や確信の無さは検閲の影響に由来する、とわれわれは考える。夢の工作は検閲に服しているのだ。そして、一次的な夢思考は、批判的機能としての懐疑や確信の無さなど知らないと想定する。それはもちろん、他のもの一切と同じく、夢へとつながる日中残渣の中に内容として現れてくるかもしれない。』(岩波版139頁注6)

     下線部「それ」が何を指すかわからず、原文に当たってみたところ、ここには複数形の代名詞が用いられています。よってこれは「懐疑や確信の無さ」を指すようです。訳としては単に「それら」に置き換えるだけで、文脈から何を指すかわかると思います。

     なおこの最後の一文は、倒置文で「Als Inhalte moegen sie natuerlich...」とされています。「moegen」のニュアンスも汲めば、この一文は、注全体の内容に対して、「そうではない事態もあってもいいですよ」と付加しているだけのようです。「それらはもちろん、内容として、他のもの一切と同じく、夢へとつながる日中残渣の中に存在することもありうるのだが。」みたいな感じでしょうか。

    岩波版141頁 

    『あらゆる感情の蠢きが昂じると、極端に、過度に走るものだが、それと同じ事態が、子供の情動の性格にも含まれており、また夢の生活にも再び見出される。・・・』(岩波版141頁注7)

     これは注の冒頭部分なのですが、原文「Die naemliche Steigerung aller Gefuehlsregungen zum Extremen und Masslosen...」の「naemlich同じ」とは、「本文に書かれている事態と同じ」という意味だと思うので、以下のように変更します。

    『[集団の場合と]同じくあらゆる感情の蠢きが昂じて、極端に、過度に走るという事態が、子供の情動の性格にも含まれており、また夢の生活にも再び見出される。・・・』(代案)

     さらに、この後の注(143頁注8)の最後の一文は、1923年に追加されたもののようですが、岩波版はその旨を記載し忘れています。

    岩波版148頁 

    『こういう共通点(《精神的同質性》)が強ければ強いほど、それだけ一層容易にその個々人から心理的な集団が形成され、それだけ一層人目を引く仕方で、「集団の心」が告知され発現してくることになる。』(岩波版148頁、下線は引用者)

     「告知され」がよくわからないので原文に当たってみると、「auessern sich die Kundgebungen einer Massenseele」とあります。「Kundgebung」はかなり訳しづらいですが、下線部はむしろ『「集団の心」の表明が表出される』ぐらいでしょうか。

    岩波版152頁 

    『・・・こうして、われわれの関心は、いまや、集団内部の個人のこの心の変化に心理学的な説明を見つけるという課題に向かうことになる。
     例えば、先にも言及された個人の萎縮という合理的な契機、つまり、自己保存欲動に基づく行動によっては、考察されるべき現象全体を押さえることはとてもできそうにない。』(岩波版152頁、下線は引用者)

     この訳文では「個人の萎縮」が「自己保存欲動に基づく行動」だということになるのですが、その意味がやはりよくわかりません。後者は原文でdie Aktion seines Selbsterhaltungstriebesなのですが、直訳すれば「自己保存欲動の行動」となるはずです。ここをどう読めばいいのか、参考とするために自己保存について述べられている箇所を探してみましたが、ル・ボンの考え方を紹介した以下の箇所がおそらく参考になると思います。

    『集団が従う衝動は、状況次第で高貴にも残虐にも、英雄的にも臆病にもなりうる。いずれにしても、その衝動はまったく有無を言わさぬもので、個人的な利害関心、自己保存への関心すら働かなくほどだ。』(岩波版138頁)

     ここを参考にすると、集団化すれば個人的な利害関心も、自己保存への関心も働かなくなるということでいいようです。だとすると、152頁の下線部は、「自己保存欲動の[萎縮という]挙動」ぐらいに解すのがよいのではないかと思います。

    岩波版178頁

    『対象のそのような取り込みについて、もう一つ別の例をわれわれに示しているのが、メランコリーの分析である。この情感は、愛する対象を実際に、あるいは情動の上で失うことをもっとも顕著なきっかけの一つとする。』(岩波版178頁)

     下線部『情感』ですが、原文で『Affektion』です。文脈からしても『病気』『疾患』が正しいと思われます。まあ、訳者はあえてメランコリーは病気ではないと考えたのかもしれませんが。

    岩波版180頁 

    『一連の様々な事例からすると、恋着とは、性欲動が直接の性的充足を目的として対象備給することに他ならず、この目的が達成されれば消え失せる。これは、ありふれた感性的な愛と呼ばれているものである。』(岩波版180頁、下線は引用者)

     このあとも『感性的』という訳語はたくさん出てきますが、『sinnlich』には『感性的』ともうひとつ『官能的』という意味があって、この論文では『官能的』という意味に用いられていると思います。

    岩波版185頁

    『催眠術師が要求し主張することを自我が夢の中でのように体験しているという事態は、われわれに次のことを思い出させる。すなわち、われわれは言及することを怠ったのだが、自我理想の働きの中には現実吟味の実行も含まれる、ということである。だから、ふだんなら現実吟味という課題を任されているはずの心的審級が現実に肩入れしてしまうような場合には、自我がある知覚内容を現実だと見なすとしても、何ら驚くには当たらない。』(岩波版185頁)

     最後の一文の内容の言わんとするところがよくわかりません。原文に当たってみますと、どうも以下のような意味のようです。

    『催眠術師が要求し主張することを自我が夢の中でのように体験しているという事態は、われわれに次のことを思い出させる。すなわち、われわれは言及することを怠ったのだが、自我理想の働きの中には現実吟味の実行も含まれる、ということである。だから、自我がある知覚内容を現実だと見なすとしても、ふだん現実吟味という課題を任されている心的審級がこの[知覚内容の]現実に肩入れしている場合ならば、何ら驚くには当たらない。』(代案)

     つまり原文では「この現実」は、「知覚内容を現実だと見なす・・・」よりも後ろにきているので、いわゆる客観的現実を指しているわけではなさそうなのです。

    岩波版219頁

     最後の指摘箇所です。これもまず代案と比べてみていただきましょう。

    『しかし、性愛が自我にとって重要になればなるほど、それがより多くの恋着を育むことになればなるほど、それだけ一層強烈に、性愛は二人の人間に制限されるほど −一夫一婦− 求めるようになった。それは、性器という目標の自然本性によってあらかじめ定められていることだ。』(岩波版219頁)
    『しかし、性愛が自我にとって重要になればなるほど、それがより多くの恋着を育むことになればなるほど、それだけ一層強烈に、性愛は二人の人間に制限されるほど −一夫一婦− 求めるようになった。それは、性器的目標の自然本性によってあらかじめ定められていることだ。』(代案)

     性器的目標というと男女の性器の合体を指すのが普通と思います。「性器という目標」ではちょっとわかりにくいと思います。

    フロイト全集〈17〉1919‐1922―不気味なもの、快原理の彼岸、集団心理学

    須藤 訓任 (翻訳), 藤野 寛 (翻訳)

    出版社: 岩波書店 (2006/11)


フロイト全集 翻訳正誤表

トップページ